ここでは、どうして
ドッグフードは高タンパク低脂肪がいいのかについて、
解説しています。

アイムスやカナガン、サイエンスダイエット
など、アマゾン・楽天などでも
買える商品もあります。

そちらのほうがいいと思えば、
そちらを購入してください。

ただ、
わんちゃんの健康を
本気で考えるなら、

一度検討してみてください。

おすすめの高タンパク低脂肪ドッグフードも紹介していますので、
是非参考にしてみてください!

わんちゃんに必要な栄養素、高タンパク低脂肪ドッグフードが本当にいいの?

わたしたち、
人間と同じようにわんちゃんも、
栄養バランスが重要なのはご存知ですよね?

例えば、人であれば脂肪分の多いものと
炭水化物をたくさん、
食べたら太りますよね?

それと同じでわんちゃんも
同じような食事をしたら、

簡単に太ってしまうんです。

近年ペットの肥満化が問題にも
なってきています。

参照:ライブドアニュース 今すぐやめたい犬の飼い方

いくら運動しても食事管理を
しっかりとしないと痩せない。
全く人間と同じなんですね。

肥満は、あらゆる病気の原因
にもなってしまいます。

できるだけ、病気のリスクは避けたい
と思うのが飼い主さんの心情ですよね。

そこで、当サイトでは最新の
わんちゃんの肥満を避ける為の、
高タンパク低脂肪ドッグフードを
ご紹介しています。

肥満が原因で病気になってからでは、
遅いんです。

わんちゃんはタンパク質の必要量が多い!だからこそ高タンパク低脂肪ドッグフード!

人は、一日の栄養素の中から
18%前後のタンパク質が必要なのに比べて、
犬は25%ものタンパク質が
必要なんですね。

もちろん手作りフードで全てを補える方は、大丈夫でしょう。

でも、手作りフードは結構
手間がかかりますし、
大変ですよね?

私も一時期、手作り食に
挑戦していたのですが、
さすがに毎食は大変で挫折してしまいました(;・∀・)

栄養バランスの優れたドッグフードに、
手作りフードを少し混ぜてあげるスタイルに今は落ち着いています。

また是非この機会に、
いま与えているフードの見直しを
してみてください!

新しくフードを買う買わないかは別として、
必ず見直しましょう!

いまお使いのドッグフードは
もしかしたら、

よくない原材料や添加物が
たくさん使われているかも。

将来にワンちゃんに大きな健康被害がでる、
可能性も否定できません。

ドッグフードには栄養成分表示があり、
タンパク質の割合は高いものだと40%以上の商品があります。
このようなドッグフードは、原材料の多くが良質の肉・魚が使用されています。

子犬の時期は、
体が急激に成長していく時期であり、
高タンパクの食事は必要不可欠です。

流通している多くのドッグフードが成長ステージ別になっているのは、
このようにタンパク質量がそのステージに合わせてあるからで、
子犬の場合は大きさにかかわらず、
高タンパク・低脂肪の食事が
望ましい
と言えます。

タンパク質をとりすぎても大丈夫なの?
内蔵などに負担はかからないの?
そんな心配をする方もいるかもしれません。

極端に内臓の機能が弱いとか、
獣医からの指導・指摘が
あるといった場合を除いて、
たんぱく質は摂りすぎるといったことはありません。

成犬になると、骨格、筋肉ともに
最大になっていきます。

おすすめのドッグフード!高タンパク低脂肪ベスト3!

 

ブッチ
ナチュロル
アランズナチュラルドッグフード

品質の良い高タンパク低脂肪ドッグフードを与えましょう!

人間は1日に3食をきっちり食べますが、
わんちゃんの場合は
1日4食必要になります。

毎回手作りフードを作れますか?

という話なんです。

こちらでは、ドライフードから
ウェットフードまで紹介しています。
ウェットフードは比較的食いつきがいいのですが、
わんちゃんによってはドライだとなかなか食べてくれない・・・

そんなお悩みもありますよね。

ドライフードには、
少量の手作りフードを混ぜてあげることで、
劇的に食いつきが改善します。

しっかりと良質のドッグフードを
選んであげることで、
肥満も改善・予防できますし、
手作りの手間も省けます。

かわいい愛犬のために、
食事を作るストレスを抱えていたら、
元も子もないですよね・・・

飼い主さんの負担を軽減すためにも、
ドッグフードを推奨しています。

大切な可愛いわんちゃんの健康のためにも、
この機会に検討してみませんか?

もちろんカナガンやアイムスなどをアマゾンで、
購入するのもいいですね^^

ただ、私ではアマゾン等には
無い商品を紹介しています。

本当に良い商品というのは意外にも・・・

というわけなんですね。

わんちゃんの種類・ライフステージによって必要な栄養は変化

ワンちゃんの年齢や、種類によって必要な
栄養素は複雑に変化していきます。

もともとワンちゃんは、
人間よりもタンパク質を多く必要としますし、

アミノ酸なども絶対に欠かせない
栄養素です

ワンちゃんの栄養に関する知識を、
ゼロから時間をかけて、
勉強できる人はいいんですが、
みんながみんな時間があるわけでは
ありませんよね。

当サイトで紹介しているドッグフードは、
さまざまな年齢・種類の
ワンちゃんに対応した、
特別なドッグフードです。

私自信も、愛犬に毎日与えているもののみを
紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください!

市販の安価な・安いドッグフードはおすすめできません!

どうしても、市販の安価な
ドッグフードがいいという、
飼い主さんもいるかもしれません。

安価な安いドッグフードというものは、
コストを抑える為に、
人間の食用にならない、
肉の副産物や低品質な穀物を混ぜている、
そんなケースが、多くみられます。

こういった原材料をわんちゃんに、
長く与えてしまうと、化学物質などが、
体内に蓄積されて、重度の障害などを引きおこす原因にもなりえます。

大切な愛犬のためにも、
丁寧にしっかりとドッグフードを選んでいきましょうね!

 

ドッグフードの与え方@高タンパク・低脂肪フードバージョン!

ドッグフードを切り替えたら、
食べなくなってしまう・・・
そんなケースも、よく報告されています。

新しいものを警戒してしまう
わんちゃんの場合、
なれない匂いのフードを避けてしまう
傾向にあります。

その場合は、ドッグフードを細かく砕き、
いままでのドッグフードに
ふりかけのようにして、

あげてみましょう!

そうすることで、
新しいニオイに慣れてきて、
だんだんと食べられるようになってきます。

また、偏食気味のわんちゃんの場合は、
15分以内に食事を
終わらせるようにして、
食べなければ、
フードはさげてしまいましょう。

色々なトッピングもやめて、
ドッグフードのみで
食べられるように慣らしてあげましょう!

また、新しいフードに切り替えるさいに、
徐々に慣らしてあげることで下痢などの、
症状を防ぐこともできます。

是非、高タンパク・低脂肪の
ドッグフードをお試しください!

 

更新日:

Copyright© ドッグフードが高タンパクで低脂肪がおすすめな本当の理由とは!? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.